『強迫性障害』を持つPatrick Kramerが描く絵がもはや写真にしか見えない・・

強迫性障害は自分の意に反し、同じ行動を繰り返してしまう精神疾患の一つ
この疾患の一つの特徴に「不完全強迫」というものがあります
完璧を求め、不完全であればそれを追求するというもの

パトリックさんは小さい頃から強迫性障害を患っていて、全てに完璧を求めてしまう完璧主義者
そんな彼の描く絵が写真にしか見えない!!
病気と闘いながらも、その症状自体を彼の魅力に変えている

一度、そんな素敵な絵をご覧ください
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://youtu.be/5-TnegloRtk

あなたにオススメの動画

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

20 − eight =